前へ
次へ

寝ているだけの肩こり改善

テレビや雑誌で「肩こりに効くストレッチはこれ」などという特集を見ても、面倒で続かないことがあります。そもそも肩こりはじっとしている人や、アクティブではないタイプの人の方がひどくなりがちです。日ごろから運動をしない人が、ストレッチや筋トレを続けるのはなかなか難しいでしょう。そこで、寝ているだけで肩こりを改善できる方法を試してみましょう。要するに背中のこりや肩甲骨のこりをほぐせば良いのです。それにはストレッチポールといって、ヨガ用の道具があると便利です。ヨガやピラティスではストレッチポールという細めの丸太のようなポールを使い、体をほぐします。ストレッチポールを床やマットに置いて、その上に寝てみましょう。背骨にそってじわじわほぐしてくれます。ポールに寝ると肩甲骨も開くので、首から肩、背中にかけてゆるゆるになってきます。これはなんといっても寝るだけでいいので、一本部屋に置いておき、毎晩寝る前に使ってみるのがおすすめです。

Page Top