前へ
次へ

肩こりタイプになる慢性と急性の違い

肩がこったり痛みが伴う症状を肩こりと言いますが、多くの人が様々な症状になっています。主な肩こりの原因としては同じ体勢を長時間続けることで筋肉が緊張してしまう事があります。また改善方法としてマッサージなども行わない状態で放置してしまうと、肩がこった状態が当たり前になってしまいけっかとして慢性的なタイプになってしまいます。このように肩こりにも慢性的に継続して症状が出てしまうタイプがあります。慢性的なタイプの場合はやはり血行改善のために温めたり、筋肉の緊張をほぐすなど対策を行う事が大切になります。逆に急激に痛みをともなう肩こりが発生するのが急性タイプになります。様々な要因がありますが、肩の中で炎症が起こってしまうのが原因となります。そのため前日までは無症状だった人が、ある日突然急激な痛みを伴ってしまうのが急性タイプとなります。この場合は慢性タイプに比べると痛みなどが強いことも多いです。このように同じ肩の凝りであってもタイプによって症状は大きく違いがあります。

Page Top